プライバシーポリシー

株式会社ドクタープラネッツ(以下「当社」と記す)では、個人情報の保護を尊重することは重要であり、お客様から収集した個人情報を保護することは当社の社会的責務であると考え、以下の通り個人情報保護方針を定めて、これを役員、社員、協働者に周知・徹底することに努めます。

お客様の個人情報のお取り扱い法令により例外として扱われるべき場合を除き、あらかじめ利用目的を公表または本人に対して明らかにし、同意を得たうえで収集します。
また収集した個人情報は、利用範囲を限定し、かつ適切に取り扱います。 収集した個人情報は、正当な目的に適った範囲で、第三者に提供する場合があります。
その際は、利用目的を明らかにし、本人から明確な同意を得たうえで、これを適切に取り扱います。

第三者への預託について
当社の業務を円滑に進めるなどの理由により、収集した個人情報を第三者に預託する場合があります。
預託する第三者には、十分な個人情報保護の基準を備える者を選び、契約などにより、保護基準の遵守と適切な取り扱いの実行を求めます。
個人情報の管理・利用
収集した個人情報の管理・利用にあたっては、不正アクセス、漏洩、紛失、破壊、改ざんなどのないよう、十分な予防策を講じます。
収集した個人情報は、利用目的の範囲で正確かつ最新の内容に保つよう努めます。
本人からの開示、訂正、利用停止などに応じるとともに、本人からの苦情・相談には適切かつ迅速に対応します。
個人情報の遵守
当社の役員、社員、協働者は、個人情報の取り扱いについて、個人情報保護に関する法令やガイドラインを遵守します。
当社では、社会が要請している個人情報保護が効果的に実施されるよう、個人情報保護方針および社内規程などを、今後も継続的に改善します。
個人情報の管理体制
当社は、以下の体制で個人情報を管理します。
当個人情報保護法やガイドラインに従って社内体制を整備し、厳正な管理下で安全に取り扱います。
個人情報の利用は社内にて必要な社員のみに制限し、個人情報が含まれる媒体などの管理・維持に努めます。
第三者への開示について
お客様の個人情報はお客様の同意を得た範囲内のみで利用し、法令により開示を求められた場合を除いて第三者に開示・提供することはありません。
法令により開示を求められた場合
裁判所・警察などの公的機関から開示を求められた場合、人の生命・身体又は財産の保護のため緊急を要するときに、お客様のご承諾を得ることが困難な場合
個人情報の開示及び訂正等について
当社は、お客様本人から個人情報の開示のお申し出があった場合は、当社業務に著しく支障をきたす場合を除き、遅滞なくこれを開示します。また、訂正・削除の要請を受けた場合は、お客様の意思を尊重し、本人確認後に個人情報の訂正・削除を行います。